使わなくなった家具の最適な処分方法とは

不要になった家具を処分する方法とは

市区町村の粗大ゴミとして出す

粗大ゴミは思いついたら即処分できるものではありません。
申し込みをし、決まった収集日に出す必要があります。
では、どのような流れで処分するのか確認しておきましょう。

まずは、各自治体の粗大ゴミ回収受付センターへ収集の申し込みをします。
申し込みは提携しているスーパーやコンビニにてその処分費用の処理券を購入し回収の予約をすることで申し込みが完了となります。
最近では、ネットで処理券の購入や予約ができる自治体もありますので、市区町村のホームページなどを確認するようにしましょう。
また、収集は予約制なので、引っ越しシーズンなど込み合う時期は予約がなかなか取れない事も考えられますので、計画的に行う必要があります。

自力で指定の収集場所まで運ばなくてはならないので、人手が少ない場合は難しい可能性があります。
また、回収センターまで自分で持ち込むと費用が割安になりますので、運搬する方法がある方にはおすすめです。

不用品交換会の日を活用する

各自治体や、最近では民間でも行われている不用品交換会というものをご存知でしょうか。
売れるほどの品物ではないけれどもまだ使えるもの、捨てるにはもったいないものをリサイクルする場所です。
交換会という名前がついていますが、交換をしなくてはいけないわけではなく、あくまでも不要になったものの新しい持ち主を探すイメージでしょうか。
家具の場合は持ち込むことが難しい場合もありますが、写真での参加が可能な場合も多くありますので事前に確認してから参加するようにしましょう。

持ち込んでも、新しい持ち主さんが見つからなかった場合は再度持ち帰る必要がでてくるので、すぐに処分したい場合は、あまりおすすめはできません。

ふらっと立ち寄れるものから、参加費数百円がかかるものまでいろいろ開催されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。


シェアする

B!