使わなくなった家具の最適な処分方法とは

他の処分方法にはどのようなものがあるか

引き取りサービスを確認

引っ越しをする場合や同じ種類の家具を買い替える場合、引き取ってもらうという事もできる場合があります。
まず引っ越しの場合ですが、もちろん引っ越し業者によって出来る所と出来ない所があります。
家具の処分が多く発生する引っ越しの場合は、見積もりを取る際に引き取り可能かどうか、どのくらいの費用がかかるか確認しておくことが重要です。
最近は、インターネットでおおまかな見積りをとる事も可能ですので、まずはネットで引き取り可能かどうかを先に絞り込んでおくといいでしょう。

次に家具の買い替えですが、購入した家具の搬入の際に引き取ってくれるサービスを行っているお店があります。
もちろん有料ですが、搬入する際に引き取ってくれるので時間の節約にはなりますし、粗大ゴミのようにご自身で搬出する必要がありません。
しかし、その分引き取り費用は若干割高になる可能性がありますので、金額はしっかりチェックするようにしましょう。

不用品回収業者に依頼する

不用品の回収業者は、自治体の粗大ゴミの回収とは違い収集場所まで持っていかなくても大丈夫ですし、すぐに回収してくれる場合も多くあります。
急ぎで処分したいという方にはこちらの方が便利という場合もあるかもしれません。

しかし、業者の選び方がとても重要です。
中には悪質な業者も多くいますので、選ぶ際には注意が必要になってきます。
では、選ぶポイント確認しておきましょう。

まず、家庭ごみを回収する場合は、自治体の認可が必要です。
この許可を得ているかどうかは、ホームページなどに掲載されているはずですので、まず最初にチェックしましょう。
また、色々な業者をチェックし適正な金額で回収してくれる業者を見極める必要があります。
金額に関しても見積書や領収証をしっかり発行してくれる業者は、信頼できる業者と言えそうです。


シェアする

B!